こんにちはリアル体験ゲーム

総支配人の進藤です。

 

ようこそ、ワクワクとスリルいっぱいの

リアル体験ゲームへ

 

このページを見てくださっているあなただけに

総支配人進藤の秘密のストーリーを打ち明けます。

主催者のストーリー

わたしもかつてあなたと同じように、「嫌な人」の言葉に苦しめられていました。

その嫌な人、というのがわたしが勤務する店の店長でした。

 

「お前無能すぎなんだけど」

「お前がいると仕事にならない!」

「きもい!」

「お前この仕事向いていないから、さっさと辞めろ!」

「今から人事に電話してお前を辞めさせてやる!」

「給料泥棒が! さっさと仕事辞めろ!」

 

毎日、このような言葉で恫喝や人間性を否定することを言ってきました。

しかし、わたしは何もやり返すことができませんでした。

 

というのも

「やり返したら、もっとひどいことになるのではないか?」

と思うと恐怖のあまり「ガマンした方がいい」と思っていたからです。

 

そんなとき、わたしは世界観を変える出来事に巡り合い、

コミュニケーションの本質を知ることができました。

 

youtubeの動画の中で説明するので、

ここではかんたんな説明になりますが、

 

「反応を変えれば、相手が変わる」

ということです。

 

そう、わたしは常に店長に対して

低姿勢・従順な反応しかとってきませんでした。

 

そこで全く別の反応をとることによって

嫌な人の言葉を一刀両断にしてしまう。

 

わたしはこの「秘密の切り返し術」を勇気を持って

試すことに決めました。

 

心臓がバクバク、

手にはじっとりと汗、

恐怖で頭がグラグラしました。

 

しかし、

恐怖にノックアウト寸前になりながら、

わたしはついに言葉で切りかかりました

 

進藤「……店長って●●ですよね?」

店長「は?」

 

店長の反応は最初「何を言っているんだ、こいつ」

みたいな敵意むき出しだったのです。

 

(……今からいつも通り、顔を真っ赤にして、

2時間以上は説教される……)

 

やはりうまくいくはずがない……。

 

店長「そうなんだよ。●●だよな!」

 

その後は信じられないほど、ニコニコとしていて

「進藤、お前変わったな」

「お前には優しくしてやるからな」

と180度対応が変わってしまったのです。

 

これは嘘のように思われるでしょうが、本当です。

またこの出来事以降、上司や同僚、お客様から、

プライベートでは知人や家族に至るまで、

 

嫌な人への「切り返し術」を使い、

そのスキルをレベルアップさせてきました。

 

そこで今回リアル体験ゲームを主催することに

したのは、

 

ぜひ、あなたにもこの鍛え上げた「切り返し術」を

すぐ・簡単にマスターして、

 

「ガマンしなくていい」「やり返したい」

そのあなたの願いを叶えてもらいたいからです。

 

わたしはあなたの願いが叶うように

全力でサポートします。

 

一度は諦めた願いかもしれません。

「わたしにはできない」そう諦めているかもしれません。

夢物語だと思うでしょう。

 

ですが……

 

夢をあきらめず、「かなえたい!」人の気持ちに、進藤は200%の気持ちで応えます。

 

リアル体験ゲーム総支配人 

進藤